子供が生まれた喜びをこめて出産内祝い

出産は家族が増えてとてもおめでたいこと!そんな時には出産内祝いをしましょう。

  1. 内祝いは気持ちが大切

内祝いは気持ちが大切

内祝いには様々な意味が込められており、大切な行事の一つです。昔から受け継がれている行事で、時代とともに少しずつ変化していますが、行う意味や、重要性は変わらず伝えられてきました。

内祝いに含まれる意味


内祝いとは、祝い事があった家で行われていたもので、宴会を主催し、近所の方や親戚、知人などを招き、来ていただいたお礼に品物を渡していたところから始まっています。段々と出産祝いを頂いたお礼に変化しましたが、感謝の気持ちを伝えることは変わっていません。また、内祝いには生まれてきた赤ちゃんのお披露目と、幸せのお裾分け、今後の協力のお願い、喜びをわかちあう、赤ちゃんが社会の一員になる第一歩、お祝いしていただくことに対する感謝の気持ちなど、様々な気持ちが込められています。内祝いを贈るという行動1つにこれだけの意味が込められているので、適当に贈るわけにはいきません。

気持ちを込めて贈るには


内祝いに気持ちがこもっていることを伝えるためにはどうしたらいいのでしょうか。一番分かりやすいこととしては、時間をかけているかどうかです。受け取った相手が、このギフトを丁寧に用意してくれたんだ、と分かれば感謝の気持ちもより伝わります。しかし、用意する側からしたら、忙しい時期に準備する内祝いにあまり時間はかけられません。そこで、メッセージカードやお礼状を丁寧に作成することを心がけてみてはいかがでしょうか。内祝いを選んだショップでメッセージカードを作ることができます。産後大変な時期であることは多くの人が知っています。出産経験者であればなお、汲みとってくださるとは思いますが、その忙しい時期にしっかりと内祝いを準備し、メッセージカードを添えることで十分に気持ちを込めていると言えます。
相手の欲しいものを贈ることも、感謝の気持ちを伝える上で大切です。相手の欲しいものを贈るということは、相手が何を欲しがっているのかリサーチする必要がありますし、これを贈ったら喜んでくれるかな、と時間をかけて考えている背景が読み取れます。そして単純に欲しいものが貰えたら嬉しいです。相手に合わせて内祝いの品物を変えることも大切なことなのです。

時間がない場合


先ほども説明しましたが、産後一ヶ月はとても忙しい時期になります。その時期に一人ひとりに合わせたギフトを選ぶのはなかなか大変です。今では、デザインの可愛い物やおしゃれなものも数多くあります。時間がなくてじっくり選べない時は、カタログギフトやタオル、お菓子の詰め合わせ、名入れの商品など定番のものを選び、産後1ヶ月~3ヶ月以内に贈るというマナーを守ることで気持ちを伝えることもできます。

>>スポンサーリンク<<