子供が生まれた喜びをこめて出産内祝い

出産は家族が増えてとてもおめでたいこと!そんな時には出産内祝いをしましょう。

  1. 内祝いの相場

内祝いの相場

出産をすると、家族や親戚、友人、普段関わりがある方から出産祝いというものを頂きます。出産祝は現金、商品券等の金券、すぐに使える赤ちゃんのための実用品(ベビーカー、服、おもちゃ、寝具など)があります。また、赤ちゃん自身へ贈るもの、赤ちゃんのお母さんに送るもの、赤ちゃんの家族に贈るものなど、送る相手によっても違ってきます。しかし、誰宛に贈られたものだとしても、お祝いを頂いたからにはお返しをする必要があります。このお返しを内祝いといい、頂いた金額に合わせた金額相場の範囲でお返しします。

相場


内祝いの金額相は、頂いた金額のおよそ2分の1です。品物で出産祝いを頂いた場合、大体の金額から相場を考えます。出産祝の相場は友人→5000~15000、兄弟・姉妹→10000~15000、親戚→5000~100000、会社の人→5000~50000、団体で送る場合→15000~50000と言われています。品物でもらって金額感が分からない場合は参考にしてみてください。最近では、親への内祝いは3分の1程度に抑える場合もあります。この場合は近しい親戚なので可能ですが、他の方への内祝いはしっかりと予算を組んでおくことをおすすめします。

お返しはいいから、と言われた時


出産祝いを頂いた際、親戚の方から「お返しはいいから、子供に使ってあげて」と、言われることがあります。その時は、言葉に甘えて大丈夫です。しかし、全く用意しないというわけではなく、もし近くに住んでいて会いにいける範囲にいるのであれば、子供を連れて挨拶に行きましょう。この時、わずかばかりでも手土産を持って行きます。内祝いの予算に届かなくてもいいので、ちょっとしたものを用意していきましょう。また、遠くに住んでいてなかなか子供を連れて会いに行けない場合は、子供写真を添えたお礼の手紙などを贈るようにしましょう。子供が生まれて一段落ついたことを報告する程度で大丈夫です。この時も、予算に届かなくてもかまわないのでちょっとしたものを添えることがベストです。

これだけは注意!


内祝いを送る際、ここだけは注意しておきたい、という点があります。それは内祝いの相場を超えない、ということです。また、極端に届かないということも避けましょう。いくら感謝の気持ちを伝えたいからといって相場を遥かに超えたものを贈ることは失礼になります。また、いくら相手のほしいものだからといって予算に届かなければ、もらった相手は物足りないと感じてしまうかもしれません。もし予算に足りないと感じたら、お値打ちなもので構わないので1品プラスして対応しましょう。

>>スポンサーリンク<<