子供が生まれた喜びをこめて出産内祝い

出産は家族が増えてとてもおめでたいこと!そんな時には出産内祝いをしましょう。

  1. 困ったらこれを送ろう

困ったらこれを送ろう

出産が終わって一息つけるかとおもいきや、やることがたくさんあって困る!赤ちゃんから目を離せない!というのはどのパパ、ママでも一緒なのではないでしょうか。そんな忙しい時期に用意しなければならないのが出産の内祝いです。赤ちゃんが生まれてから1ヶ月前後に贈ることが望ましいと言われていますで、しっかりとその時期には贈りたいですよね。しかし、ただでさえ忙しい1ヶ月で出産祝いをくださった方、それぞれに合わせてお返しを用意するのはとても大変です。そこで、困ったときに選んで欲しい、喜ばれる内祝いをご紹介します。

カタログギフト


カタログギフトには様々な商品がラインナップされているので、先様がほしいと思うものを届けることが出来ます。カタログギフトの中の商品にはグルメも数多くありますし、体験型の商品もあるので、贈った方もいただいた方も新しい発見があるかもしれません。また、興味はあっても自分ではなかなか買えないという時、カタログに載っていたら嬉しく感じるでしょう。本当に必要な物を贈ることができるのがカタログギフトのメリットです。

スイーツギフト


こちらも定番のギフトですが、とても喜ばれます。特に詰め合わせだと、様々な種類のお菓子が入っているのでとても便利です。今では可愛らしいデザインのものもあるので出産の内祝いにはもってこいです。また、和・洋ともに種類が多いこともポイントです。ご年配や年上の方には和菓子を、年の近い友人には洋菓子など、贈る人によって選ぶことができます。甘いモノが苦手でなければおすすめのです。

特選タオル


タオルは毎日使うものなのでいくらあっても困りません。特選タオルともなれば普段買う機会は殆どないので贈るには最適です。デザインもたくさんあるのでお子さんのいらっしゃる家族にはキャラクターものでも可能ですし、年上の方宛であればシンプルなデザインがあります。 質のよいタオルは普通のタオルより吸水性が良く、肌触りが優しいことがポイントです。この特徴をもったタオルは使ったら違いがすぐに分かる、良い品です。

名入れスイーツ


赤ちゃんの名前を入れて贈る名入れ物は、赤ちゃんの名前を紹介する良い機会です。また、インパクトもあるので名前を覚えてもらいやすいです。普通のスイーツであってもパッケージに名前が入っていると特別感が増します。こちらはスイーツギフトより種類はありませんが、和・洋菓子ともにあるので、どの年代にも合わせて贈ることが出来ます。

>>スポンサーリンク<<